2012年11月16日

Q 刑務所で面会や差入れをすることはできますか。

 親族等,本人と一定の関係にある人は面会できます(刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律111条)。差入れは原則誰でもすることができます。
posted by 阿部・楢原法律事務所 at 11:17| Comment(0) | 刑務所での生活 | 更新情報をチェックする

Q 控訴をした場合,第一審判決よりも重い刑になる場合がありますか。

 被告人側が控訴した場合は裁判所は第一審判決よりも重い刑を言い渡すことができません(刑事訴訟法402条)。
 検察側が控訴した場合には一審よりも重い刑を言い渡すことができます。
posted by 阿部・楢原法律事務所 at 11:13| Comment(0) | 控訴・上告 | 更新情報をチェックする

2012年10月30日

Q 強制わいせつ罪と強姦罪の違いとは何ですか。

 強制わいせつ罪(刑法176条)はわいせつ行為一般に対して成立します。被害者が男性の場合でも女性の場合でも成立します。
 他方,強姦罪(刑法177条)は暴行脅迫による姦淫行為(男性器を女性器に挿入すること)に対して成立する犯罪です。そのため、被害者が女性の場合に限られます。
 
 女性に対する姦淫行為は「わいせつな行為」の一態様といえますが,強姦罪が適用されるので強制わいせつ罪からは除かれます。また,姦淫するためのわいせつ行為も強姦罪の一部となるので強制わいせつ罪には含まれません。

2012年10月26日

Q 18歳未満の相手と性交渉した場合,どんな犯罪が成立しますか。

・相手が女子の場合
   相手の年齢が13才未満
         強姦罪(刑法177条)
         青少年育成条例違反の罪  
   相手の年齢が13才~18才未満 
         強姦罪(暴行や脅迫をした場合に限る)
         青少年育成条例違反の罪
・相手が男子の場合
   相手の年齢が13才未満 
         強制わいせつ罪(刑法176条)
         青少年育成条例違反の罪
    相手の年齢が13才~18才未満 
         強制わいせつ罪(暴行や脅迫をした場合に
         限る)
         青少年育成条例違反の罪

相手の年齢が13歳未満の場合には,たとえ相手の同意があっても上記の犯罪が成立します。これは,13歳未満の子供にはわいせつ行為や性行為の意味を正しく判断する能力がないため、有効な同意をする能力がないという理由によるものです。

2012年10月24日

【少年事件】Q ぐ犯(少年法3条1項3号イ~二)とは具体的にはどのような行為を指すのですか。

 ぐ犯の具体例として,たとえば,家出や深夜の外出を繰り返し家庭に寄り付かない,犯罪性のある人と交際する,援助交際を繰り返すといった性的逸脱行為を行う,いかがわしい場所に出入りするといった行為を指します。
posted by 阿部・楢原法律事務所 at 16:19| Comment(0) | 少年事件 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。